こども宅食

現在、東京都文京区では、ふるさと納税を利用した “子供の貧困の支援事業” サービスが実施されているそうです。

「こども宅食」と呼ばれています。


  こちら >> 命をつなぐ「こども宅食」 | ふるさとチョイス


「こども宅食」のサービスは、文京区とNPO法人フローレンスなどの5団体が運営しています。

文京区に暮らし、就学援助手当を受給している子供たち(家庭)に対して、お米などの食料が届けられるのです。


協力団体から提供された食料約10kgが、2ヶ月に一度のペースで配送されます。


助成金などのお金での援助ではないところに、この制度の特徴があります。


そして、この支援事業を運営するための原資は、「ふるさと納税」制度による寄附金です。


こども宅食.png
 (画像:「ふるさとチョイス」こども宅食のページより)


寄附金はすべて「こども宅食」のために使われます。


ですので、寄附をしてくれた人への返礼品などはありません。

ふるさと納税型クラウドファンディングと呼ばれる新しい形です。


返礼品はありませんが、ふるさと納税ですので “節税” になります。

また「自分の納めた税金が何に使われているか見えない」ということもありません。


ふるさと納税というと返礼品ばかりに目が行きがちで、寄附金の使い道はあまり気にしない人がほとんどかもしれません。

しかし、これから先、こういった形のふるさと納税もどんどんと増えていくことと思います。



ふるさと納税で南相馬の復興支援|noma-style
ふるさと納税で南相馬の復興支援|noma-style

5分でできる カンタン確定申告

ふるさと納税の寄附先が5箇所以上であったりなど「ワンストップ特例制度」が使えなかった場合は、税金の控除を受けるために確定申告を行わなければなりません。


 以前の記事 >> ふるさと納税で確定申告が必要な人


そして、この確定申告の締め切りは、毎年3月15日とされています。

つまり、あと一ヶ月ほどしかありません。


確定申告などしたことのない人は、何から始めたらよいのか分からないことがほとんどだと思います。

しかし、そのような人のために大変便利なツールが「さとふる」の中にあります。

5分でできる確定申告.jpg

「5分でできる!ふるさと納税専用 カンタン確定申告」というツールです。


 こちら >> 5分でできる!カンタン確定申告


 ① 必要書類を用意する
 ② さとふるのフォームに入力する
 ③ 内容を確認後、PDF保存
 ④ プリントアウトして確定申告


という簡単なステップで確定申告が完了します。


ちなみに、フォームに入力する必要のある項目(自分の住所等の情報以外)は以下のようになります。

さとふる_確定申告フォーム.png


このように「源泉徴収票」と「寄附金受領証明書」に書かれている内容を見ながら、入力するだけで確定申告の書類作成が完了してしまうのです。


「5分でできる!」というのはさすがに言いすぎのような気もしますが、書類さえ揃っていれば1時間もあれば出来そうです。

さとふるの会員でなくても利用できるので、ご利用されてみてはいかがでしょうか。


「特許出願中」とありますので、おそらくこのサービスを実施しているのは「さとふる」だけだと思います。



「さとふる」でふるさと納税!

にくにくキャンペーン 宮崎県都農町

宮崎県都農町が2月9日(金)までの期間限定で、「にくにくキャンペーン」というものを実施しています。

宮崎県都農町にくにくキャンペーン.png


お肉の返礼品を申し込むと、お肉の “おまけ” がくるのです。


そのおもなラインナップは以下の通り。

今なら「しょうが焼き(500g)と牛ミックスホルモン(300g)」付き【ふるさと納税】宮崎牛サイコロステーキ食べ比べセット

今なら「しょうが焼き(500g)と牛ミックスホルモン(300g)」付き【ふるさと納税】★絶品!!★宮崎牛すき焼きセット(4等級以上)

今なら「しょうが焼き(500g)と牛ミックスホルモン(300g)」付き【ふるさと納税】★極選★宮崎牛肩ローススライス(計1.4kg)

今なら「しょうが焼き(500g)と牛ミックスホルモン(300g)」付き【ふるさと納税】(自慢の一品)宮崎牛ロースステーキ

今なら「しょうが焼き(1000g)と牛ミックスホルモン(600g)」付き【ふるさと納税】★最高級!!★宮崎牛ロースステーキ(4等級以上)


ちなみに、宮崎県都農町は今年も楽天ふるさと納税の「ショップ・オブ・ザ・イヤー大賞」に選ばれました。

2年連続の大賞受賞です。


その感謝の気持ちも含めてのキャンペーンなのでしょうか。


逆に言うと、このようなキャンペーンを何度も行ってくれることこそが、「ショップ・オブ・ザ・イヤー大賞」に選ばれる理由なのですが。


今年も宮崎県都農町から目離せません。