ふるさと納税 利用者は約半数

楽天グループが、『ラクマ』を通じて「ふるさと納税」の利用実態の意識調査を行ったところ、ふるさと納税の利用者は “約半数” であることが分かったそうです。


 ふるさと納税アンケート_2022楽天.jpg

 こちら >> ふるさと納税の利用率は半数程度。一番の理由は「使い方がわからない」 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)


ふるさと納税を利用したことがあると答えたユーザーは51%で、利用したことがない理由については「利用方法が分からない」というのが一番に多かったそうです。


 


そして、その一方で、利用経験のあるユーザーに “満足度” を尋ねたところ、「とても満足」が51.7%と、こちらも約半数という結果でした。


 これは、とても残念なことです。


ふるさと納税の利用方法は “とても簡単” ですし、利用した人の多くが満足しているのであれば、“ほぼ全員” が利用して然るべきだからです。

 こちら >> マンガでわかる!ふるさと納税|楽天ふるさと納税


まずは、一度経験してみることが大切だと思います。


 マンガで分かるふるさと納税.jpg

 楽天ふるさと納税


北海道ウニ大量死 ふるさと納税にも影響

北海道の養殖ウニが大量死したニュースが、現在、テレビ等で流れていますが、この件は、北海道釧路町のふるさと納税返礼品にも大きな影響を与えているようです。

北海道によりますと、釧路地方から日高地方にかけての太平洋沿岸で、9月以降、養殖のウニが大量に死んでいるのが見つかり、道立総合研究機構は、赤潮の影響とみて調査を進めています。(中略)これを受けて、釧路町が、地元特産のウニを返礼品としたふるさと納税の寄付の受け付けを今週から一時停止したことが町への取材で分かりました。
寄付は、先週まででおよそ1000件に上っていて、町は、すでに受け付けた分の返礼品をどうするかなど対応を協議しています。
(「NHKニュース」より)


影響を受けているのは、「北海道釧路町昆布森産 高級生うに」の返礼品。


 北海道ウニ大量死.jpg


ふるさと納税サイト「さとふる」で確認すると、現在、該当する返礼品は、“モノクロ反転表示” となり、「寄附期間外」のアナウンスがされています。


 こちら >> 「釧路町昆布森産」の返礼品 | ふるさと納税サイト「さとふる」


 202110-1_釧路町昆布森産_さとふる」.jpg


さらに、ニュースによると、今回の影響は、この後4年くらい続く可能性があるとのことです。


北海道地区(あるいは全国)のふるさと納税全般に影響を与えないかが、心配です。


 CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

 

岩手県花巻市 ふるさと納税うなぎ登り

『朝日新聞』に次のような記事がありました。

【ふるさと納税 うなぎ登り増 花巻市】
 花巻市は23日、ふるさと納税の寄付金が予想以上に増えていることから、今年度予算の歳入を10億円上積み補正し、総額30億円にした。
 市定住推進課によると、市内の企業が製造している牛タンが、二つのふるさと納税サイトで全国上位の人気となっているほか、地元産の野菜セットや豚肉、ワインも高い人気を集めているという。(中略)今月に入り一日の寄付額が1億円を超える日が計3日あった。
(「朝日新聞DIGITAL」より)



この記事で取り上げられている「二つのふるさと納税サイトで全国上位の人気となっている牛タン」というのが、こちら
        ↓         ↓

 

 こちら >> 【ふるさと納税】たっぷり牛タン塩味 1kg(500g×2パック)


たしかに、このところ連日、総合ランキングで「第1位」をキープし続けていたので、気になっていました。

記事によると、寄附額にして10億円に相当する人気の返礼品ということになります。


岩手県花巻市に牛タンのイメージはあまりなかったのですが、これは、是非食べてみたいものです。


ふるなび