ふるさと納税返礼品 岐阜県池田町が異例の高還元率

現在、ふるさと納税の返礼品は

 ① 価額を寄附金額の3割以下に抑える

ことが、基準となっています。


また、

 ② 換金性の高いもの、資産性の高いものを返礼品にしない

というルールもあります。


そしてさらに、今年になって

 ③ 返礼品は地場産品に限る

というルールまでが登場したようです。


すべて、総務省が各自治体に向けて発した指導(通知)によるものです。


指導の理由は「ふるさと納税の本来の趣旨から外れている」ということですが、本当のところは「ふるさと納税が浸透し過ぎて、返礼品を用意できない(しない)都市部の税収が減ってきている」ということではないかと言われています。


この通知がはじめて発せられたのは、昨年の4月のことでした。


しかし、この総務省の通知には “法的な強制力” などは一切ないのです。


強制力はないとは言うものの、多くの自治体が(渋々と)この総務省の指導に従い、その結果、自治体へのふるさと納税の申し込みは激減し、地方の財政を苦しめる結果となったことはニュースなどでも報道されている通りです。


地方の自治体を救う目的のふるさと納税が、ここに来て自治体を苦しめているのです。


そういったこともあってでしょうか、現在、(強制力のない)総務省の通知を無視して、当初の形での返礼品を用意する自治体も現れてきているようです。


岐阜県池田町もその中のひとつにです。


ふるさと納税のポータルサイトである「ふるなび」を見ると、「総合人気ランキング 」の第1位に岐阜県池田町の返礼品があがっています。


ふるなび_岐阜県池田町.png


「日本旅行ギフトカード(5万円分)」です。


 こちら >> 岐阜県池田町やふるさとに行こう!日本旅行ギフトカード(5万円分)


この5万円の旅行券に対する寄附金額は10万円ですから、「寄附金額の5割」という(最近では)異例の高還元率の返礼品になります。


そして、他にも「50万円分(寄附金額100万円)」「25万円分(寄附金額50万円)」「15万円分(寄附金額30万円)」というコースも用意されているようです。


 こちら >> 岐阜県池田町への寄附でもらえる返礼品


いずれも還元率は5割です。

しかも旅行ギフトカードですから、「換金性の高いもの」と言えなくもありません。


消費者(納税者)にとってはありがたいことですが、総務省の通知により、自治体も自治体なりに苦しんでいるのではないかと感じざるを得ません。


我々には、自治体の用意したふるさと納税(返礼品)に協力することぐらいしかできないのですが・・・。