ふるさと納税返礼品に三重県の真珠が復活

取扱いが中止されていた “三重県鳥羽市の真珠” が「ふるさと納税」の返礼品に復活したのだそうです。


  kai_shinju.png


以下は、この件に関する『朝日新聞』の記事です。

 三重県鳥羽市は、2019年度の「ふるさと納税」による寄付額が大幅に伸びたと発表した。昨年8月末に返礼品として真珠製品が復活したことが「V字回復」の背景にある。(中略)19年度の寄付総額は16年度の5億4661万5400円には及ばないものの、4億3千万円を見込む。
 17年12月1日に真珠製品の取り扱いが中止された影響で、18年度の寄付額は1億7852万450円に激減していた。市は「真珠製品は鳥羽市を代表する地場産品だ」として、真珠製品の返礼品の復活を国に粘り強く要望してきた。
 市は現在、10万円近いネックレスなど約150品目の真珠製品を返礼品として用意している。中村欣一郎市長は「市民には真珠養殖発祥の地として強い誇りがあり、それが認められたことはうれしい」と話した。
(「朝日新聞 DIGITAL」より)


この “三重県の真珠に関するニュース” は、私も記憶に残っています。


当時(2年前くらい)は、まさに、総務省が各自治体の「ふるさと納税返礼品」に対し、何らかの規制をかけようと躍起になっていた時期です。

総務省の “規制” に関しては、大きく

 ・返礼品の調達価格を寄附金額の3割以内に抑えること
 ・返礼品は “地場産品” に限ること

という2つの項目が注目されてきました。


そして、この三重県の真珠については「3割以内に抑えられている」ことや「三重県の地場産品である」ことに関しては認められたものの

 ・貴金属などの資産性の高いものを返礼品にしない

という別項目に引っ掛かってしまったのです。 


 

 >> 【ふるさと納税】Q-6アコヤ真珠ロングネックレス三重県鳥羽市


これは、三重県としては、堪ったものではありません。

地場産品が、たまたま “宝飾品” であったけだからです。


そして「三重県は総務省に対し “見直し” を要請する予定である」というのが、当時のニュースの内容でした。


その後どうなったのか、あまり気に留めていなかったのですが、今回の『朝日新聞』の記事を読む限りでは、どうやらふるさと納税の返礼品として認められたようです。


本当によかったです。


 こちら >> 三重県鳥羽市 アコヤ真珠の返礼品